弁理士は特許など知的財産権の専門家

法律事務所と聞くと、ほとんどの人は弁護士事務所を思い浮かべるのではないでしょうか。
もちろん弁護士は、法律全般の知識を持ち、訴訟をはじめとした様々なトラブルを法的に解決するエキスパートですが、弁護士事務所以外にも法律関係の問題を扱う事務所があります。

行政書士も法に関わる業務を行いますし、ここ数年、よくニュースなどでも取り上げられている外国との特許問題や、著作権の問題などの知的財産と言われる分野を専門に扱うのが、弁理士です。

弁理士は特許権の取得や、知的財産権の侵害があった場合の対処などの代理人業務の専門家です。
何かを発明した場合、特許権は登録手続きをしなければ権利として認められません。
登録するといっても、国内のみならず外国への登録も企業戦略上は重要になりますから、複数の国へ特許出願を行う必要も出てきます。
専門の部署がある大手企業はともかく、中小企業の社員が本来の業務と並行して行うには非常に面倒な手続きなのですが、弁理士に依頼すればそれを代行してもらえるのです。